暮らし・健康

【吊ったまま使える】シャンプートリートメント・詰め替えパックがそのまま使えて衛生的で楽ちんのアイデア商品【カビ防止】

最近暖かくなってきて春の訪れを感じますね(´ω`*)

そうなると梅雨の季節がやってきて、気を付けなければいけないのが

お風呂のカビですよね・・

ちょっと気を抜くと黒くなってしまって・・

特にシャンプーとかトリートメントを置いているラックの掃除がいつも面倒でした・・

そんな悩みを解決してくれるアイデア商品があるのです!

詰め替えパックが吊ったまま使える

その名も詰め替えそのままですw

どんなものか簡単に言うと、

詰め替えパックの袋に、小さなポンプとフックを付けて吊るし、

使いたいときにポンプを握って中身を使いたい分出して使うものです。

とにかく楽ちんで衛生的!

ボトルの掃除の手間が大幅に削減

詰め替えパックを使うのに、今まではボトルに詰め替えていました。

何が手間って言うと・・・

ボトル詰め替え式
  1. 詰め替えるたびに中を洗うが、トリートメントなんかは少し残ってしまう。
  2. ボトルの底もカビてくるので綺麗に洗う
  3. ポンプ部分も泡が出なくなるまでお湯でシュコシュコして綺麗にする。
  4. ボトルは1日乾かすまで使えないのでとりあえず袋の口を切って使って放置w
  5. 面倒になって濡れたまま詰め替えを入れるか、洗うのを1回パスしてそのまま入れるw

といった感じで、結構な手間でした・・。

ところが、この詰め替えそのまま(商品名ですよw)を使うと

作業が一気に改善します!

詰め替えそのままを使うと
  1. 使い終わった袋からフックとポンプを外す。
  2. ポンプをお湯で洗浄
  3. 新しい袋の口を切ってポンプを付ける
  4. フックを付けて吊るす

だけです!ポンプの部分を乾かしたほうがいいのかもしれませんが

自分はそのまま入れてしまいます。

 

なぜかというと普通のボトルだと、ボトルの底に水が残っている状態で

詰め替えのシャンプーを注ぐので最後までずっと水分を含んだ状態になってしまいますが、

「詰め替えそのまま」の方式だと、ポンプの中にある水が

最初のシャンプー液体に押し出されて出てしまうので

そこまで気を使わなくてよさそうです(´ω`*)

ボトル清掃の手間が大幅に改善

ボトルだけでなくお風呂の床の掃除も不要になる

ボトルをそのまま置いていたり、ラックに置いていると

その置いている場所がカビてきますよね・・・。

少し手遅れなのかもしれませんがいつも詰め替えの時に一緒に洗っていましたw

毎回少しカビているのをブラシでごしごしして落としていたので、

より一層、詰め替え作業が大変なイメージになっているのかもしれません(-_-;)

ボトル詰め替え式
  • 置いている床やラックも洗う必要あり。
  • 結構頑固なカビになることも・・

詰め替えそのままを使うと

パックを吊るしたままなので、床の汚れは全くありません!

吊るしているアームを洗ったり、壁を洗ったりはしますが、

床を洗う労力に比べたら段違いに楽ちんです。

詰め替えそのままを使うと
  • 吊るしたままなので、床の物がなくなり掃除が格段に楽。

 

床の掃除も楽ちんになる

使っていくと中身が真空になるので衛生的

ボトル式だとシャンプーを出した後空気を中に取り込みます。

その取り込む空気は周辺のお風呂場の湿気のある空気なので、

どうしてもシャンプーに水分が含まれてしまいます。

そのため雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

ボトル詰め替え式
  • お風呂場の水分を含んだ空気をボトル内に取り込む構造。
  • 雑菌が繁殖しやすい。

 

食品と違ってシャンプーには賞味期限のようなものは記載されていませんが、

空気に触れて放置しているとシャンプーに雑菌が繁殖して劣化してしまいます。

せっかく髪と頭皮を清潔にするのに、

シャンプーそのものが寿命を過ぎて雑菌が繁殖していたら嫌ですよね・・。

※通常開封後のシャンプーについては、半年~1年程度が目安と言われています。

 

「詰め替えそのまま」は袋の出口にポンプをつけて

シャンプーを出しても空気は入らない構造になっているので

真空と言うと大げさですが、あまり空気に触れることがなく、

水分も取り込まないので劣化を防ぐことができます。

詰め替えそのままを使うと
  • 空気や水分はパックの中には入らない構造。
  • 雑菌が繁殖しにくい

最後の1滴まで絞りだせるので経済的

ボトル式の場合最後のほうになるとボトルの底に残ってしまいます。

最後のほうの何回かは、ポンプの蓋を外してボトルをひっくり返して

使うことになりますよね。

しまいには、もう次で最後かな?とひっくり返したらドバドバドバ!!と

思った以上に残ってて3~4回分くらいの量を一気に出してしまったりして・・・w

ボトル詰め替え式
  • ポンプで最後まで使いきれない。
  • ひっくり返して使うので量の調整が難しい。
  • だんだん面倒になって一気に大量に使ってしまうw

「詰め替えそのまま」のポンプは先ほども説明しましたが、

空気を入れずにシャンプーを吸うので、

普通に使っていくと最後は絞っても1滴も出ないくらい

詰め替えパックがペッタンコになります。

袋を丸めて絞りだす必要もなく、何の苦もなく最後の1滴まで絞り出せます。

 

詰め替えそのままを使うと
  • 最後まで簡単に絞り出せる

デメリットは?

今まではいいところばかり書いてきました。

じゃぁ良くないところはないか?と考えてみました。

詰め替え直後にフックから落ちる時がある

自分が使っている詰め替えパックは

サロン用の詰め替えパックなので重さが1kgぐらいあります。

フックの耐荷重がわかりませんが、交換したばっかりの時に

まれに落ちてしまうことがありました。

ただ何度も落ちるわけではないので、詰め替えたときにしっかり

食い込ませていなかったのかもしれません・・。

シャンプーの種類によっては液が垂れる

シャンプーによってはすごくサラサラだと気付けばポンプから

ぽたぽた垂れていることがあります。

そうなると、かなりもったいないことになります(ノД`)

フィオーレのDXがそうでした。

フィオーレでもベーシック、ザクロやファシナートABは大丈夫です。

 

お値段がちょっと高い

しばらく使っているとシャンプのポンプがしぼんでくるので、

交換したくなりますw

そうしたときに100均のボトルとかと比べると

1セットだけで買おうとすると2000円くらいするのでちと高いですね・・。

掃除の労力が減って、衛生面も改善するので、

そこに価値を見いだせる方にはおすすめですが、

そこが気にならない方にとっては正直高い買い物になってしまうかもしれません。

まとめ

  • ボトルの掃除の手間が大幅に削減
  • ボトルだけでなくお風呂の床の掃除も不要になる
  • ボトルだけでなくお風呂の床の掃除も不要になる
  • 最後の1滴まで絞りだせるので経済的
  • 詰め替え直後にフックから落ちる時がある
  • シャンプーの種類によっては液が垂れる
  • お値段がちょっと高い

以上です。

いかがでしたでしょうか。

 

衛生的に使いたいのに、めんどくさがりで

カビ対策をして少しでも掃除の手間を減らしたい自分にとっては、

うってつけの商品です(´ω`*)

created by Rinker
三輝(Sanki)
¥3,780
(2019/11/12 05:49:40時点 Amazon調べ-詳細)

使用してきたシャンプーの振り返りとおすすめ。【フケ・かゆみとおさらば】 以前からやたらと頭がかゆくて仕方ないことがあって、 色々調べたところシャンプーがよくないのかと思い、 「ザク...
【脱・生乾き】お風呂上りにバスタオルはもういらない。フェイスタオルを勧める3つの理由【コスパ】だんだん暖かくなってきましたね! これから夏が始まる前に・・・梅雨が来ますw 梅雨で何が嫌だって洗濯物ですよね。 中で...