PC・スマホ・ガジェット

骨伝導ヘッドセット 髪型崩れない

こんばんはいおぺんです。

今回は骨伝導ヘッドセットを購入したのでレビューしていきます。

 

今回探した条件はネックバンド式ワイヤレスを探しました

なぜネックバンド式か

単純にオーバーヘッド式だと髪型が崩れてしまうからです。

音質はそこまでよくないですが、ネックバンド式は軽いものが多く頭のてっぺんが痛くなることもないので、ネックバンド式を愛用しています。

今使っているのもゼンハイザーのPC141です。

やはりワイヤレス最高

そして今使っているpc 141は有線タイプですが、オーディオテクニカのATH-M20xBTを使うとやはりワイヤレスを使うと線が邪魔くさくてたまりません。

ATH-M20xBTだと長く使っていると頭のてっぺんが痛くなってくるのと、周辺の音が聞こえなさすぎて、嫁に怒られますw

行き着いた先が骨伝導

なかなかネックバンド式でワイヤレスの商品がなくて困っていました。

価格ドットコムで検索して売れ筋なのがShokz OpenCommという骨伝導ヘッドセットでした。

ただ、高い!2万以上だすならもう少し出してSONYのWH-100XM5とか欲しくなってしまいます。

もう少し気軽に使えるのがいいのです。

 

そこでAmazonで激安中○製を探してみました!w

あまり安すぎるのも不安ということで、5000円くらいで探してみました。

 

KOMOIのS6というモデルです。聞いたことのないメーカーです。

元の値段が2万円で75%オフで5000円なんですが正直2万円だったらShokzを買った方がいいですね。

IP68 bluetooth 5.3 重量28gと防水ワイヤレス軽量と要望は満たしてくれます。

 

骨伝導は音を伝える方法が特殊です。

振動を伝えながら音を伝えるため、なれないうちは違和感を感じます。

レビュー

いいところ

軽い

計測してないですが軽いです。つけていても重さは全く感じません

ワイヤレス途切れない

Bluetoothで接続すると音飛びしまくってしまい、ドライバーを入れ直したり色々やった結果治らず、やってしまったかと思いきや、ATH-M20xBTでも同じ現象だったので、色々やっているうちにPCIスロットに挿しているアダプターのアンテナ部分が緩んでいることを発見し、ネジを締め直すと治りました。(ソフトではなく物理的な問題とは・・・w)

TP-Link WiFi ワイヤレス アダプター 無線LAN Wi-Fi6 PCI-Express Bluetooth 2402 + 574Mbps Archer TX3000e
TP-Link

それ以降はまったく音飛びせずバッチリです!

意外と音漏れ少ない

夜子供が寝ている時に使うことが多いので音漏れが少ない方が良かったのですが、

実際音漏れはあまりしていないと思います。

充電がマグネット

若干マグネットが弱いのでコツがいりますが充電がマグネットなので端子の抜き差しがなくていいです。

 

悪いところ

音質は絶望

骨伝導なのかやはりこもった感じに聞こえます。

音質を求めては行けないと思っていなので許容範囲内ですが、

音質も求めているとガックリ来ると思います。

フィット感がイマイチ

耳の穴の近くに当てるとよく聞こえるのですが、適当に装着するといい位置に当たらないので、まーそれでも聞こえるので良いですが、少しポジションを調整する必要があり気になります。

そして締め付けが強く、長時間使用していると接触しているところが痛くなってくるので、つけていないときは広げて保管して、頑張って広げていますw

締め付けが弱くなるとずれてしまいそうです。

後ろが長くて背もたれにより掛かるとずれる

後ろの部分が長いので、背もたれにより掛かるとずれます。

pc 141のときもずれていたのですが、多少ずれても自然にいいポジションに戻って問題なかったところが、S6は骨伝導ポイントからずれるので、音が小さくなってしまうのと、自分でいいところに当てないと当たらないので、位置を直す手間があります。

 

どちらもそのうちガバガバになったら気にならないのかもしれませんw

まとめ

ワイヤレス最高!

ネックバンド最高!

骨伝導・・・まぁ他にないからしょうがない・・・締め付け強いのは勘弁してほしい。

と今のところ軽作業のときメインで使っています。

 

長時間使っていると骨伝導当ててるところが痛くなるので休憩が必要ですが、気軽に使いたい方にはおすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です